常設とは?

12998633_1014582171970081_841400571610672158_n

常設ってなに

常設のプレーパークとは、公園の一角などに場所を決め、いつ来ても遊べるプレーパークのことです。

常設のプレーパーク

子どもたちが「遊びたい」と思ったときに、いつでもプレーパークで遊ぶことが出来るのです。

常設プレーパークを続けるには

常設のプレーパークを継続して続けていくには、常駐するプレーリーダーの存在や、子どもたちが活動できる公園などの場所の確保や、用具の購入費用など、運営スタッフの活動だけでは限界があります。地域の人たちの協力、行政の協力、近隣住民への理解などが必要となってきます。

ツリーハウス

明日に続く遊び

子どもたちが仲間と木の上に秘密基地を作り始めました。どんどん盛り上がってきて「こーしよう、あーしよう」と思いは膨らみます。

作り続けるが日も暮れてきてしまった。「よし!続きは明日の放課後にやろう」と、明日に続く遊びが出来るのが常設プレーパークの良いところ。

次の日に集まって「この基地を使って~しよう」と、遊びを次々と発展させる楽しみがあります。

定期開催ですと、次のプレーパークの開催時までにその熱は冷めてしまうでしょう。

11959961_894595170635449_2604483052328039243_n

プレーパークが地域交流の場

プレーパークにはいろいろな人が集まってきます。プレイリーダーと共に遊ぶ子どもたち、それを見守る親御さんたち、遊び場に関わる地域の方たち、御高齢の方もちらりとのぞいていて声をかけたりと、世代を超えた地域交流の場にもなります。 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする